広告と情報量の関係

ページあたりの情報量が豊富なら、ユーザーがその情報(文章)に含まれる言葉で検索を行った場合には、検索結果として表示される機会が増える。

内職副収入マネット>>広告と情報量の関係

広告と情報量の関係

広告掲載についての考え方

アフィリエイト報酬(収入)を得る為には、広告を掲載する必要があります。しかし、アフィリエイト報酬のことばかりが考えて、広告をたくさん掲載するのはよろしくありません。私は個人的に、各ページでの広告数は、そのページにおける広告以外の情報にどれだけのボリュームがあるかによって加減すべきだと考えています。

報酬ばかりに目がいき、多数の広告を掲載し、実際に利用するユーザー(訪問者)にとって分かりにくいページになってしまっては意味がありません。広告は掲載しているけど、収入に結びつかないという方の場合、その広告に対する説明がなされておらず、ただ漠然と掲載してあるだけではないでしょうか?こういった広告によって収入がある場合、それは事故的収入だと私は考えます。

ページの情報量

ユーザーは様々なキーワードの組み合わせにより(検索エンジンで)検索を行います。そのため、ページ内の情報量(文章量)は、ある程度あった方が良いと判断できます。なぜなら、ユーザーがその情報(文章)に含まれる言葉で検索を行った場合には、検索結果として表示される機会が増えることになるからです。

検索エンジンからのユーザーにページを見てもらうためには、広告を外したときに残る情報量は如何ほどかを確認し、広告が無い状態でもひとつのページとして情報が残っていることが望ましいでしょう。

【次へ:広告数とページの重要度

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1