キーワードの使い方

キーワードの使用回数と複数キーワードの距離、そして類似キーワードの統一を行うことで、検索エンジンの上位表示を狙う。

内職副収入マネット>>キーワードの使い方

キーワードの効果的な使い方

キーワードの使用回数

検索エンジンでは、ホームページのページタイトルや各ページ内でのキーワード使用回数により、そのページが「何についてのページか」を判断しており、このキーワードの使い方も検索結果に影響を与えています。キーワードとは単語のことで、「通販サイト」の場合、「通販」と「サイト」という二つのキーワードが並んでいる状態です。

ページタイトルとはHTMLソース内の<title>タグの部分です。
<title>タイトル</title>

また、キーワードの使用回数は、ページ内における他の言葉よりも使用回数が多いことが望ましいのですが、必要以上に繰り返すと文章として不自然になったり、最悪の場合検索エンジンにスパム行為として認識されてしまいます。ただ、スパムと認識されるのはどの程度からかは分かりません。これは、検索エンジン毎(Yahoo!Japan、Google、MSN)に、そのアルゴリズム(判断基準や処理手順)が異なる為です。

具体的にどの程度キーワードを使えばよいかの目安として、多くの場合、ページ内の5%程度と言われています。実際に自分のページ内におけるキーワード使用回数と割合を調べる場合、以下の入力欄に該当ページのURLを入力して「解析」ボタンを押してください。
キーワード出現頻度解析

キーワードの使用場所

検索エンジンは、それぞれのページ(HTMLソース)を最初から最後まで順に見ます。この性質から、キーワードはページの最初のほうにあったほうが有利だと言われています。つまり、ページタイトルをつける場合もタイトルの前半に狙ったキーワードを使用すべきだと言えます。また、ページ内においても、最初に各ページ共通のメニューがあるよりは、キーワードを使った文章があったほうが良いでしょう。

その他にも、検索エンジンが重要と判断するものとして見出しタグがあります。見出しタグとは<h1>~<h6>のタグで、<h1>が最も重要視されます。ですから、この見出しタグにもキーワードを使うことが良いとされています。ただし、<h1>タグは、1ページに1回しか使ってはいけません。また、見出しの順序があべこべになってもいけません。
【順序が正しい例】
<h1>タイトル</h1>
  <h2>タイトル2</h2>
    <h3>タイトル3</h3>
    <h3>タイトル3</h3>
  <h2>タイトル2</h2>
    <h3>タイトル3</h3>
【順序が間違っている例】
<h1>タイトル</h1>
    <h3>タイトル3</h3>
  <h2>タイトル2</h2>
    <h3>タイトル3</h3>
  <h2>タイトル2</h2>
    <h3>タイトル3</h3>

実際に使う場合、各見出しの後に文章がなく、単に見出しタグを連発するだけになってしまうのであれば、無理に使わない方が無難です。また、見出しタグを使う場合でも<h1>~<h3>程度までで良いでしょう。

複数のキーワード

ユーザーが複数のキーワードで検索を行う場合、各ページ内でそれらのキーワードを近づけて使用するほど有利だと言えます。例えば、ページタイトルが「パソコン格安通販」と「格安パソコン通販」の場合を考えてみます。このとき、ユーザーが「格安パソコン」と調べた場合、「格安パソコン通販」の方が、検索結果の上位に表示されると考えられます。

このとき、ページ内で「格安パソコン」や「安いパソコン」、「低価格パソコン」というように多くの言葉を使うよりは、キーワードを統一して「格安パソコン」という言葉だけを使ったほうが、「格安パソコン」という言葉で検索をするユーザーの検索結果では上位に表示されます。

実際には、ページタイトルやページ内で使われている言葉以外に、ページの重要度によって検索結果は変わります。ページの重要度については次の相互リンクの効果でもお伝えします。

キーワードだけに着目していえば以下の3項目を意識することが大切です。
1.キーワードの使用回数
2.複数キーワードの距離
3.類似キーワードの統一


【次へ:相互リンクの効果

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1