バナー広告のサイズ

掲載する広告サイズが大きすぎたり、広告の数が多すぎると、ページ内で広告の占める割合が大きくなり、ホームページの内容がわかりにくくなります。

内職副収入マネット>>バナー広告のサイズ

バナー広告のサイズと特徴

広告のサイズ

アフィリエイトプログラムにおけるバナー広告には、いくつかのサイズがあります。ここでは、それぞれのサイズについての呼び方と簡単な説明をしています。ここではバナー広告のうち、いくつかを紹介しているだけです。

マイクロバー
88×31
サイズがとても小さく、画像の中に十分な内容を表しきれないことがあります。画像だけで広告内容を伝え切れていない場合、近くに文字情報を添えておくとホームページを見るユーザーに親切であると言えます。私はあまり使いません。

ボタン型1
120×90
このくらいのサイズがあれば、かなりの情報を表示することができます。アニメーション画像を使用している場合、画面の切り替わりが早すぎると必要な情報を読み取れないので気をつける必要があります。

ボタン型2
120×60
私がよく使用するサイズのバナー広告です。広告単体でも使うことがありますが、バナーの近くに説明文を添えたりすることで、さらに情報を提供することができます。他のサイトでも良く見かけますよね。また、このサイズよりも少し小さめの「100×60」サイズの広告も良く使われます。これくらいのサイズは一番多く使われるため、多くの広告主が広告素材として提供しています。

ボタンバナー
125×125
このサイズは、広告素材としてあまり提供されておりませんので、私はあまり使いません。縦幅が大きいため、広告の横に文章を添える場合、バランスを取るには、ある程度の情報量が必要になります。

ハーフバナー
234×60
このくらいのサイズになるとかなり広告らしい広告になります。詰め込める情報量も多く宣伝効果はあると思われますが、横に広いスペースを使うため、掲載場所を考える必要があると思われます。

フルバナー
468×60
まさに広告です。このサイズですと、ユーザーも一目見るだけで広告だと分かります。広い面積を使うため使い勝手が悪いと言えます。このサイズの広告が1ページの中に複数あると、ホームページよりも広告主体のサイトになってしまいがちです。

バナー広告のサイズが違うと・・・

バナー広告のサイズには、もっと大きいもの(120×600などの縦に長いものなど)もあります。大きな広告になればなる程、1ページに掲載する数を減らさないと、ページ内で広告の占める割合が大きくなってしまい、肝心なホームページの内容がかすんで見えてしまいます。また、あたりまえのことですが、1ページ内で複数の広告を並べて掲載したいのであれば、広告サイズが揃っていたほうが見栄えが良くなります。

【次へ:アフィリエイト報酬の最低支払額

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1