提携申請で失敗しない為に

自分のサイトに広告を掲載する為にアh企業との提携が必要です。企業に気持ちよく提携を承認してもらう為にできることを行います。

内職副収入マネット>>アフィリエイト体験レポート>>提携申請で失敗しない為に

アフィリエイトの提携で失敗しない為に

開設したばかりのホームページで提携申請

ホームページを開設して間もない頃は、検索エンジンからのアクセス数はゼロの状態です。このアクセス数はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)への登録をした際に入力することになり、アクセス数が増えれば登録してある情報を修正していきます。

アフィリエイト報酬を目的としてホームページを作ると、ASPに登録したばかりの時のアクセス数はゼロだと思います。企業側の立場で見たときに、アクセス数ゼロのサイトから提携を申請されたらどんな気持ちか考えてみましょう?おそらく、考え方として以下の二つがあると思われます。

【アクセス数だけに着目した場合】
1.アクセス数ゼロでは広告の意味が無いので拒否
2.これからアクセス数が伸びそうだから承認

広告があって始めて完成するようなサイト(物販サイトなど)を作る場合、必要な広告をすべて掲載してからサイトを公開し、検索エンジンからの訪問者を獲得したいと考えるはずです。なぜなら、最初にすべての広告を準備できれば、サイト公開と同時にアフィリエイト報酬が発生するチャンスが生まれるからです。しかし、企業側に提携を申請する際には、アクセス数ゼロ・・・

逆に、広告が無い状態で先にサイトを公開した場合、ユーザー(訪問者)が検索エンジンからアクセスしても、目的の企業サイトに辿り着けなくなります。このとき、ユーザーがそのホームページ自体に不信感を抱くこも考えられます。

ホームページを公開しなくてはアクセス数ゼロのまま。広告が無い状態で公開すればユーザーに不信感を抱かせる。このような状態のとき、私もどうしようかと迷いましたが、最終的にアフィリエイト用のリンクコードではなく、単に企業のホームページへのリンクを掲載していました。この場合、アフィリエイト報酬は発生しませんが、サイトを早期に公開でき、また、ユーザーに不信感を抱かせないで済みます。

提携を拒否されると大変

なぜ、サイト公開前に企業への提携を申請しないのかというと、提携を拒否されるのが怖いからです。ASPによっては、こちらからの提携申請後、企業側から申請を拒否されると、以後その企業との提携が不可能になるものもあります。複数のASPで同種の広告を取り扱っていれば、何とかなることもありますが、自分が広告を掲載したい企業を取り扱っているASPが一社の場合、その提携を拒否されるとホームページ自体が無駄になることもありえます。

ですから、企業側に快く提携を承認してもらう為に、提携を申請する前の段階で、ある程度のアクセス数を獲得するのが良いと考えています。アクセス数が増えてきたら、企業に提携を申請し、承認されたらアフィリエイト用のリンクコードに差し替えていきます。

また、提携先の企業と自分サイトコンテンツが同種である方が提携を断られる確率は少なくなります。自分のサイトがパソコン専門サイトならパソコンや関連製品を取り扱っている企業との提携は行いやすいと考えられます。企業側も企業のブランドイメージを保ちつつ、広告効果の高いホームページと提携を行いたいはずですから。

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1