事故的なアフィリエイト報酬

安定したアフィリエイト報酬を得るためには、情報量を充実させ、ユーザー本意のサイトを作るしかないでしょう。

内職副収入マネット>>アフィリエイト体験レポート>>事故的なアフィリエイト報酬

事故的収入に満足しない

目的外の行動

アフィリエイトをはじめて長い時間が経つのに、報酬(収入)が発生するのは、ボツリンボツリ・・・そんなときに考えられるのは、ホームページを見たユーザー(訪問者)とそのページの内容が合致していないということ。つまり、ユーザーの目的とするものが無いという状態です。これでは、集客に成功しても報酬は発生しません。

例えていうなら、「電気屋だといって客を集め、店内には電化製品が無い」というようなもの。ただし、この場合におけるアフィリエイト報酬がゼロかというとそうでもないんです。そのページに偶然、ユーザーの気になるもの(広告)があれば報酬が発生するチャンスはあるんです。しかしながら、当初の目的をしっかりと持っているユーザーの目には留まりにくいので、効率は悪いといえます。

検索結果と広告の一致

ユーザーが検索エンジンからアクセスし、辿り着いたページに目的のものがあれば、広告をクリックする確率は高まるでしょう。究極は、1ページ内のテーマをひとつに絞り、ページタイトルと広告を一致させ、そこにユーザーが必要とするであろう情報を盛り込むことです。

ユーザーの求めているものを提供するという当たり前のことをすれば、アフィリエイト報酬も自然に発生します。アフィリエイトで報酬を得られない場合、そもそもそのページに関係の無いユーザーを導いていることや、ページ内の情報量が乏しくユーザーの動機付けができていないことが考えられます。

間違った客を呼び込んでも、アフィリエイト報酬が発生することはありますが、それは安定的な収入ではありません。突発的、いわば事故的な収入といえ、ホームページの長期運営は難しいはずです。私自身、いくつかのサイト運営を通して感じていますが、安定した報酬を得るためには、やはりユーザー本意のサイトを作るしかないでしょう。

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1