検索エンジンの仕組み

検索結果の上位表示の為には、検索エンジンの仕組みを理解することが大切。第一・第二キーワードの選び方でアクセス数は違う。

内職副収入マネット>>検索エンジンの仕組み

検索エンジンの仕組みを理解しよう

検索エンジンの仕組み

Yahoo!JapanやGoogle、MSNなどでの、検索結果にあなたのサイトを表示する為には、検索エンジンの仕組みを理解する必要があります。仕組みといっても、簡単なことをいくつか抑えておけばそれで結構です。

検索エンジンでは、主に以下の要素によって検索結果として表示するサイトを決めている
1.検索時にユーザーが使用したキーワードを含むページを検索結果に表示
  (ページのタイトルや1ページあたりのキーワード出現回数などにより判断される・・・キーワードの使い方

2.同じキーワードを含むページが複数ある場合は重要度の高いページを優先表示
  (そのページにリンクしているサイト・ページが多いほど重要度が高いと判断される・・・相互リンクの効果

検索結果へ上位表示

検索エンジンからのアクセスを狙うのであれば、まず第一に、ユーザーが使用するであろうキーワードをあなたのサイト名や各ページのタイトルに使用すべきです。あなたのサイトを、ユーザーに「何というキーワードで検索してほしいか」がポイントです。

例えば、各種通販ショップを集めたリンク集の場合、「何でも屋」とかいう安易な店名をつけると失敗します。つまり、キーワード「通販」における検索結果への表示を狙うのであれば、「通販ショップ 何でも屋」とか「通販サイト 何でも屋」などの方が良いでしょう。

ただし、検索エンジンでの検索結果に表示されても、検索結果の10ページ目に表示されたのでは、ほとんど意味がありません。狙うのは検索結果での上位表示です。検索結果の上位(例えば1ページ目の1番上)にあなたのサイトが表示されれば、ほとんどのユーザーはあなたのサイトにアクセスすることでしょう。

第二のキーワード

ユーザーが検索エンジンを使用する際には、複数のキーワードを使う場合もあります。例えば「母の日 花」、「パソコン 通販」などです。こういった場合は、両方の言葉を含むサイト・ページが検索結果の上位に表示されます。ただ、多くのユーザーが検索するキーワードの組み合わせについては、大手サイトや競合アフィリエイトサイトも多数存在します。第二キーワードは検索エンジンからのアクセス数に大きな影響を与えますので、慎重に吟味しましょう。

私が第二のキーワード選びにおすすめするのは、キーワードアドバイスツールプラスキーワードアドバイスツール プロの併用です。自分のサイトのメインコンテンツにちなんだ第一キーワードを入力することで、その言葉と一緒に検索されている第二キーワードを見つけることができます。

【次へ:キーワードの使い方

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1