相互リンクの効果

相互リンクの効果は、被リンク数を増やしてページの重要度を上げることで検索結果上位表示を目指すことと相互リンク先からの直接アクセスを狙う。

内職副収入マネット>>相互リンクの効果

相互リンクによるアクセス数増加

相互リンクとは

相互リンクとは、サイトAからサイトBへリンクをし、サイトBからもサイトAにリンクをするというように、お互いのサイトから互いにリンクをしあうことです。検索エンジンはたくさんのサイトからリンクをされているサイト・ページを重要と判断しますので、相互リンクを行うことで被リンク数(他サイトからのリンク数)を増やし、検索結果の上位表示を狙うことができます。

相互リンクのマナー

相互リンクを行う場合にはいくつかのマナーがあります。ひとつは、先に自分のサイトに相手サイトへのリンクを設置してから、相手サイトにお願いをすることです。相手にリンクをしてもらうということは、相応の作業をしてもらうということなので、謙虚にお願いをしましょう。相互リンクをお願いする前には、まず相互リンクを募集しているかを確認し、募集を行っている場合にだけお願いをしましょう。

当たり前のことですが、相互リンクの募集をしていないのに「自分のサイトからリンクしたのでリンクしてください」といわれても、気分を害することはあってもリンクする気にはなりませんよね。実際に私も経験がありますので・・・

また、以前、相互リンクの依頼をメールでいただいたときに、こちらのサイト名も管理者名も違っていたことがありました。コピーするにも程があるというか・・・。失礼ですよね。

私が最も嬉しかったのは、自分のサイトコンテンツを読んでいただき、感想を添えて相互リンクの連絡をいただいたときです。

効果のある相互リンク

相互リンクでは、被リンク数(他サイトからのリンク数)を増やし、自分のサイトの重要度を上げることで、検索エンジンでの検索結果の上位表示を狙います。しかし、相互リンクをする相手によっては、この効果があまり期待できないこともあります。

相互リンクによる効果が期待できるのは、「重要度の高いサイト・ページからリンクをしてもらう」場合です。サイト・ページの重要度を測るもののひとつとして、Googleのページランクというものがあるのですが、これはGoogleツールバーをインストールすることで、WEBブラウザに「現在見ているページの重要度」が表示されます。ただし、これはGoogleにおける重要度ですので、Yahoo!JapanやMSNなどの重要度ではありません。

つまり、相互リンクを行う場合、Googleページランクが高いサイト・ページからリンクしてもらうことで、自分のサイトの重要度も増すと考えられます。しかし、サイトを開設して間もない場合、自分のサイトのページランクはゼロです。この状態でページランクが高いサイトに相互リンクのお願いをしても多くは断れることでしょう。(私は、相手のページランクが高い場合、相手のリンク集ページからリンクしていただく代わりに、自分のサイトのトップページからリンクをしていました)

相互リンクでは、ページランクが高いサイト・ページからのリンクが必ずしも良いとは限らないということあります。いくらページランクが高いサイト・ページでも1ページ内にあるリンク数が多すぎるとその意味はほとんどありません。例えば、ページランク2のページが2つあり、ひとつはリンクが100個あり、もうひとつはリンクが10個しか無いのであれ、リンク10個の方が相互リンクにより自サイトの重要度が増す可能性が高いといえます。

私自身、リンク集のページ(このサイトのリンク集もそうですが)には自分のサイト内へのリンクも含めてリンク数が50以下にするように意識しています。これは相互リンクに意味をもたせるためです。ちなみに私が「相互リンクしたくない」サイトは、たくさんのリンクをしていたり、トップページから何度もクリックをしないとリンク集のページに辿り着けない場合などです。

相手のリンク数が少ないから「相互リンクの効果がある」と自分が思っても、相手はリンク数が多いから「相互リンクの効果がない」と思っているはずですよ。効果の薄い相互リンクを延々と続けるよりは、効果の期待できるサイトとだけ相互リンクをした方が得策だと思います。効果の薄い相互リンクをしている時間・手間がもったいないと思いますしね。相手に快く相互リンクを引き受けてもらう為にも、相互リンクを申込む前に自分のサイト・ページのリンク数を調べてみてはいかがでしょうか。
ページ内リンク数チェックツール

相互リンクによる二つのアクセス

相互リンクでは、他サイトからのリンクにより自サイトの重要度が増し、検索結果の上位表示を狙うのですが、もうひとつ狙えるものがあります。それは、相互リンク先からのアクセスです。相互リンクと言う性質上、相手サイトからのリンクを辿って自分のサイトに到達する方もいらっしゃいます。そして、自サイト内に相手サイトよりもユーザー(訪問者)のニーズを満たす情報が多ければ、そのユーザーを獲得することもできます。

相互リンクでは、検索結果における上位表示を狙うのと同時に、相互リンク先からのアクセスも期待できます

そして、究極は他のサイトが勝手にリンクしたくなるような有益な情報発信サイトです。こういったサイトの場合、自分からのリンク無しに、相手から一方的にリンクされることもあるでしょう。

【次へ:ページタイトルの重要性

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1