アフィリエイトプログラムとは

アフィリエイトプログラムとは、「企業との提携」→「広告の掲載」→「報酬の発生」という一連の仕組み。このサービスの提供しているのがASPです。

内職副収入マネット>>アフィリエイトプログラムとは

アフィリエイトプログラムについて

アフィリエイトプログラム

アフィリエイトプログラム(アフィリエイトサービス)とは、自分のホームページに掲載した広告経由で、商品の購入や資料請求などが行われたときに、広告主からホームページの持ち主に報酬が支払われる仕組みのことです。

1.企業との提携
ホームページに広告を掲載する為には、広告主(企業)と提携をする必要があります。ホームページには、ホームページの内容にあった商品を取り扱っている企業の広告を掲載するのが一般的です。ホームページの内容と全く関係のない広告を掲載しようとしても、企業側が提携を拒否することがあります。

2.広告の掲載
ホームページの運営者が、商品の販売や資料請求、会員登録などを目的とする企業と提携をした後、自分のホームページにその企業の広告を掲載します。広告にはいくつかの種類(タイプ・サイズ)が用意されており、その中で自分の好きなものを掲載することができます。

3.報酬の発生
ホームページに訪れるユーザー(訪問者)が、広告経由(広告をクリックして現れるサイト)で商品を購入したり、資料請求を行ったり、会員登録をした場合に、それぞれの成果に応じて報酬が支払われることになります。

「企業との提携」→「広告の掲載」→「報酬の発生」という一連の仕組みがアフィリエイトプログラムです。

アフィリエイトサービスプロバイダ

アフィリエイトサービスプロバイダ(Affiliate Service Provider:通称ASP)とは、アフィリエイトプログラム(アフィリエイトサービス)を提供する仲介業者のことです。ホームページ管理者は、通常、このASPを通じて、提携管理や広告取得を行うことになります。
広告掲載までの流れ
まず、サイトオーナー(ホームページ管理者)がASPにアフィリエイトプログラムへの参加を申込みします。すると、ASPが自社の定める基準に見合っているかを審査します(審査が無いASPもあります)。その後、自分のサイトに掲載したい広告主(企業)に、ASPを通じて提携を申込みます。提携の申込みが広告主(企業)に承認されれば、広告を掲載することができるようになります。

アフィリエイトプログラムによる報酬は、企業からASPを通じてホームページ管理者に支払われることになります。

アフィリエイトの歴史

米国で1996年に誕生したLinkShare Corporationが、世界初のアフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)です。日本では、1999年11月にバリューコマースが、インターネットを利用した成果報酬型の広告配信業を開始したのをきっかけに、2000年6月にA8.net、2001年4月リンクシェア(三井物産が米国LinkShare Corporationから日本における独占販売権を得てスタート)・アクセストレード・トラフィックゲートがサービスを開始しています。その後も多くのASPが誕生し、取り扱う広告種別や、報酬体系に変化をもたせることで他社との差別化を図っています。

【次へ:成果保証型とクリック保証型

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1