アフィリエイトの禁止行為

ASPの規約に反することを行うとアフィリエイトサイトとしての登録を解除されることもあります。他サイトのコピーも厳禁です。

内職副収入マネット>>アフィリエイトの禁止行為

アフィリエイトプログラムで禁止されていること

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)の規約

アフィリエイトプログラムに参加する際には、それぞれのASP毎に規約があります。その規約の中には、
・ユーザー(サイト訪問者)に誤解を与えないようにする
・広告のリンクコードおよび広告データの改ざんをしない
・・・
などと、とても当たり前のことが書いてあります。つまり、登録時に規約をきちんと読まれている常識ある方であれば、規約に反するようなことは無いでしょう。もし、規約に反することを行うとアフィリエイトサイトとしての登録を解除されることもあります。

一番してはいけないこと

アフィリエイトだけに限らず、ホームページを運営していく中で最もやってはいけないことは「コピー」です。情報量が不足しているときに、他のサイトを参考にして「自分の言葉で書く」、または他サイトの管理者の同意を得ているのであれば良いのですが、完全に全文コピーというサイトも存在していました。人が一生懸命考えて、調べて作ったページ(ひどい場合はサイトごと)をまるまるコピーされたらたまりませんよね。

もし、こういったコピーサイトを発見した場合は、すぐにASPへ連絡をしましょう。悪質なサイトの場合、ASP側からアフィリエイトサイトとしての登録を解除してくれますから。

【次へ:ホームページの訪問者数

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1