相互リンクを断られない為に

相互リンクを断られない為に、検索エンジンの仕組みとページランクについての理解をすることが必要。中にはコンテンツで判断してくれる方もいます。

内職副収入マネット>>アフィリエイト体験レポート>>相互リンクを断られない為に

相互リンクを断られない為に

検索エンジンの仕組みを知る

検索エンジンは、数あるホームページのリンクを辿って、新しいページや更新したページの情報をインデックス(収集・記録)して、ユーザーが検索を行ったときの対象にしています。通常、普通にホームページを作り、相互リンクを行うことで検索エンジンにインデックスされていきます。このとき、重要度の高い(例:Googleページランクが高い)サイトからリンクをしてもらっているほうが、インデックスが早くなります

自分のサイトの重要度を上げる

私は新しいサイトを作ったときに、まず相互リンクを専門としているサイトと相互リンクを行うようにしています。何故なら、こういったサイトでは、作ったばかりのホームページとも相互リンクをしてくれることが多いためです(相互リンク、アクセスアップなどのキーワードで検索するとすぐに見つかると思います)。

ちなみに私も「開設したばかりのホームページでも簡単に登録できる相互リンクの募集屋さんというサイトを持っていますので、お気軽にご登録下さいませ♪

相互リンクのお願いをページランクの高い人気サイトにしても、ホームページを開設したばかり(Googleページランクがゼロ)の時期には相互リンクしてもらえないことが多い傾向にあります。みなさんも経験ありませんか?私が初めてホームページを作ったときには、「一生懸命作ったのにどうしてリンクしてもらえないの?」とかなりヘコんだ覚えがあります。もちろん、ページランクの高い人気サイトでも、相互リンクをしてくださった方はいらっしゃいますよ・・・。

ですから、ホームページを開設したばかりの頃は、相互リンク専門サイトとリンクし合ったり、どんなサイトでも相互リンクをしてくれそうなサイト(相互リンクページを見てページランクゼロのサイトでもリンクしているかを見て判断する)を中心に相互リンクをお願いするのが良いと思います。また、トップページから相互リンク集までに何回もクリックをしないと到達できない場合も、相互リンクを断られることが多くなります。これは、トップページからクリックを繰り返す毎にページの重要度は薄れていくためです。

そのほか、1ページに100以上のリンクを掲載している場合も相互リンクを断られやすいでしょう。
※参考:Google ウェブマスターのためのガイドライン

相互リンクを断られにくくする方法
まず、相互リンクをお願いする立場であることをわきまえて、相手にとってもメリットのあるリンクをすることを考えましょう。さらに、次のことを心がければ通常よりも効率よく相互リンクできるでしょう。

ページランクの示すもの

アフィリエイトがメジャーになった今日、「お金目的でホームページを作り、儲からないのですぐにやめてしまう」方も増えています。相互リンクをお願いされたのでリンクをしてあげたのに、いつのまにかホームページが閉鎖されている・・・。そのため、そのサイトへのリンクを削除しなくてはならない・・・。これでは、相互リンクのお願いをされた側に「リンクを掲載する手間」と「リンクを削除する手間」が生まれます。

ホームページを開設したばかりのときはページランクがゼロですが、相互リンク専門サイトへ登録をしたり、相互リンクをしてくれそうなサイトとリンクしあうことなどで、ページランクが1、2、3と次第にあがっていきます。ページランクとは、そのサイトの重要度を測る材料のひとつでもありますが、一定期間以上継続してホームページの運営がされている証でもあります。相互リンクをお願いされる立場になって考えると、そのページの重要度(ページランク)も大切ですが、ホームページ自体が長く運営される(リンクされ続ける)ことの方が大事です。

当サイト内の文章および画像・構成・デザイン等の無断転載・複製を硬く禁じます。
Copyright (C)2006 内職副収入マネット All rights reserved. Since 2006/8/1